女性の美容・恋愛・お悩みブログ

投稿日:2022/1/15

<美容>「不眠症デブ」を解決させる「すごく簡単な方法」3パターン

人が日に日に太っていくには理由があり、その1つは自律神経が乱れているからというものです。自律神経が乱れると、人はストレスを感じ、つい食べ過ぎてしまいます。深夜に寝られないからと、冷蔵庫のなかのあれやこれやをつい口にしたら、もう最悪の結果になりますよね。
自律神経のバランスを整えようと思えば、寝ればいいということは、科学的に立証されています。でも寝られない! こういう女性のために「すごく簡単に」寝る方法を3パターンご紹介したいと思います。

●布団をほのかに温めておく
背中のほうには副臓と呼ばれる臓器があります。副臓を冷やすと、自律神経が乱れることがわかっています。つまり背中を冷やすと眠りにくくなるということです。
背中が触れる布団の部分(一般的には敷布団ですよね)を、ほのかに温めておくと、いい睡眠導入剤になります。

●ノンアルコールビールを少し飲む
ビールの主成分の1つにGABAがあります。精神科でうつ病などの治療に使われているのもGABAです。つまり神経を沈静化させる作用があるのです。
ふつうのアルコール入りのビールにも、もちろんGABAは含まれていますが、アルコールを摂取すると、眠りが浅くなるので、ノンアルビールを少し飲んで寝ると、不眠症知らずになるかもしれません。

●ホットミルクかホット豆乳を飲んで寝る
ホットミルクやホット豆乳には、中枢神経や末梢神経を沈静化させる成分がたくさん含まれています。
また体内を温めることで、自律神経のバランスが整いやすくなります。豆乳には女性ホルモンに似た成分が入っているため、美容効果も非常に高いと言われています。

いかがでしたか? 不眠症になると、太りやすくなりますし、肌のコンディションも最悪になりますよね。
ご紹介したテクニックをうまくつかって、スリムボディの美人さんを目指してみてはいかがでしょうか。