女性の美容・恋愛・お悩みブログ

投稿日:2022/1/9

<美容>ニキビはなぜ同じ場所に再発する?

皮膚科医によると、ニキビは同じ場所か、同じような場所に再発しやすいのだとか。それはなぜなのかについて、まず一緒に見ていきたいと思います。

ニキビができた毛穴は自然治癒力が下がっているのだとか。だから、同じ毛穴からニキビがふたたび生まれる、ということだそうです。再発する要因のひとつは、日々のスキンケアだそうです。自然治癒力が下がっている毛穴は化粧水による刺激にも弱く、だから「お手入れしても再発する」ことになるのだとか。

ニキビが完全に治ったように見えたとしても、じつは炎症が肌の内側にひっこんだだけで、完治していないから再発するという理由もあるのだそう。私たちはふだん「拡大鏡」を使ってスキンケアをしているわけでもないですし、肌の内部という表から見えない箇所はどうやっても見えないですから、まあ肌の内部にはじつはニキビが残っていたのだと言われたら「そうなんだ」と思うしかないですよね。
お医者さんによっては、3回ニキビになった毛穴は「ニキビ専用の毛穴である」と言い切る人もいます。

ニキビを「復活」させない秘訣は、毎日のスキンケアで顔の肌に刺激を与えないような工夫をすることだとお医者さんは言います。肌に刺激を与えると肌トラブルを起こしやすいとはよく聞く話で、だから、刺激が強そうな「ニキビケア専用」のスキンケア商品を使うのをためらっている人もいると思いますが、その判断はある意味では正しいのです。肌に刺激を与えてはいけない。
では、たとえばどんなふうにケアすればいいのか?
低刺激の化粧水をコットンにたっぷりつけて肌をパッティングする? 
パッティング、すなわち叩くというのが刺激ですから、そういうのは避けたほうが無難でしょう。コットン自体はふわふわの綿ですが、これが水分を含むと薄い板になり、肌に刺激を与えるからです。
ではどうすれば?
肌を叩かないで肌の表面に化粧水を押し当てることを推奨している化粧品メーカーがあります。また、お医者さんによってはビタミンが含有されている化粧水(病院で処方されているもの)を使用したほうが肌の奥に成分が浸透しやすいとも言っています。