女性の美容・恋愛・お悩みブログ

投稿日:2021/10/18

<相談>ラブラブカップルが明かす!私たちが「あきらめて背負った」4つのこと

彼との関係がラブラブという「いいこと」があれば、その背景には必ず「ちょっとしんどいこと」があります。それが世の常というものですよね。

今回は何組かのカップルに、ラブラブで居続けるために、私たちが「あきらめて背負ったもの」について、お話をお聞きしてきました。

みなさん、若くして意外と渋いものを背負っています。

さっそくご紹介しましょう!

■1:パートナーのブサイクさ

「私もひとのことを言えないのですが、私の彼、意外とブサイクです。でも性格が好きなので、顔はあきらめました」(27歳・派遣OL)

ブサイクな彼を背負ったということですが、まあ愛があればそれでいいじゃないですか! イケメン、高収入、高学歴と、いいものが3つ揃えばロクなことが起きないですしね!

■2:合わない食事のペース

「うちのカップルは、食事のペースが合わないです。彼は早食いで、私は掃除の時間が始まってもまだ給食を食べている、みたいに食べるのが遅いです。でもそこには目をつむって、来月結婚します」(25歳・IT)

食事のペースが合わないと、わりと淋しさを覚えるものですが、こちらも愛があればなんのその! ってことでしょうか。

■3:相手の年収の低さ

「彼は派遣社員で年収300万円もありません。そのことが原因で、何度か別れたいなと思ったのですが、彼と付き合いが長くなるにつれ、まあいっか、と思うようになりました」(23歳・ネイリスト)

恋愛って洗脳という側面があり、セックスにも洗脳という側面があります……と解説をするのは、いじわるでしょうか。

■4:35年の住宅ローン

「ラブラブカップルである私たちは、先月、めでたく35年の住宅ローンを背負いました!」(27歳・出版)

おめでとうございます!!

いかがでしたか?

100%じぶんが望むような状況ではないけれど、ラブラブだというカップルの事例を4つご紹介しました。

ラブラブでいるためには、こうしたほうがいいとか、あれがないとダメとか、とかく息の詰まるような話が多い世の中ですが、なかったらないでしかたないので、このままでいじゃん! と思えるようになると、自然とラブラブ度合いがグッと上がって、しあわせになれるのかもしれません。