女性の美容・恋愛・お悩みブログ

投稿日:2021/10/4

ラブラブになるために知っておきたい「男ってじつはこういう生き物なんです」

今回は、じつは男ってこういう生き物です……というのを、4つご紹介したいと思います。私の彼はなぜ**なの? と腹を立てるくらいなら「男ってこういう生き物だから、まあしかたないか」と思ってみてはいかがでしょうか(なかなか、こうは思えないものですが)。
さっそく見ていきましょう。

■1:草食系でもプライドで生きている
「ぼくみたいな草食系男子でも、プライドって、やっぱありますよ。世間では、結婚したい男子の基準として『4低』と言われていたりしますが、男のプライド、無視しすぎじゃない? と思います」(29歳・デザイン)
今の世の中に武士はいませんが、武士は食わねど……という格言(?)は、平成男子にも息づいているということです。

■2:洋服とか、わからないんです
「25歳をすぎたくらいから、洋服に興味がなくなりました」(27歳・IT)
だからテレビで「旦那改造計画」という企画があったりします。

■3:ひとりの時間がないとストレスが溜まるんです
「ぼくの彼女は、かまってかまってとウルサイですが、男って、ひとりの時間がないとストレスが溜まるものだと思うんですけど」(29歳・会社役員)
これは結婚したらよくわかると思います。家族で夕飯を食べたあとに、自室にこもる男性の話は、まま聞きます。

■4:下半身の意向を無視できないんです
「彼女のことをすごく愛しているんですが、ときどき、どうしても風俗店に行ってしまいます。遊びが終わるとすごく後悔します。彼女への愛と、衝動的な下半身のふたつを、ぼくはうまく操れません」(24歳・書店)
若い男子は、こういう葛藤に苛まれて悶々としていることでしょう。

いかがでしたか?
4つそれぞれの例示からカップルでどんなケンカをしているのか、想像できるリアルな証言だったと思います。
ケンカをする前に「男ってこういう生き物だからしかたないか」と思えると、まあまあラブラブになれるのではないかと思います。
まあまあというのは、「男も女子ってこういう生き物だってわかれよ!」という女子のご意見もあると思うので、「まあまあ」と書いて逃げてみた次第です。そ~ゆ~ことじゃない?