女性の美容・恋愛・お悩みブログ

投稿日:2021/9/24

<悩み>彼とケンカしたときに「もっとラブラブになれる」女子の謝り方

彼とケンカしたときに「もっとラブラブになれる」女子の謝り方として、もっとも古典的な方法に、謝罪の言葉を口にせず、すぐに寝技に持ち込むというものがあります。
男子は常にヤラせて「いただく」立場なので、女子のほうからさらっと寝技に持ち込んでケンカなどなかったことにしちゃえ! という寝技。
これはこれで「あり」だろうなと思います。ケンカのあとのエッチは燃えると言っている女性もいるくらいですから「あり」でしょう。

■脳科学としてわかっている男女の口喧嘩
最近、Web上にたくさんの「男性脳」に関するコラムがあり、そこには「男性を言葉で追い詰めると、男性はパニックになって暴力を振るうようになる」と書いています。脳科学者の本にも、こういうようなことが書いてあったように記憶しています。
幼い頃から、女子のほうが言葉を操るのが得意であり、右脳と左脳のつくりは男女でおなじであるものの、脳のはたらきが違うので、男性は口喧嘩が苦手であり、言葉巧みに女性が追い詰めるとパニックになる。だからケンカをしたら男女で物理的に距離を置いたほうがいいという説です。

■「ちょっと手前」でやめておく
このようなことから、彼とケンカしたときに「もっとラブラブになれる」女子の謝り方とは、彼が冷静になるまで謝らないという方法ではないかと思います。頭に血が上っているときって、なにを言っても無駄だったりしますよね。男性脳のパニックが収まるまで、彼を放置しておく。これで十分でしょう。

好きだから付き合っているわけであり、付き合っている彼のことは、彼女であるあなたがよく知っているはずです。彼が冷静になるまで放置しておいて、冷静になってからどうするのか? は、それぞれにお考えになってみてはいかがでしょうか。