女性の美容・恋愛・お悩みブログ

投稿日:2021/9/23

<悩み>男性心理に見る!彼が「もう別れたいな」と思ってしまう女子のヤバイ言動

以前、知り合いの恋愛コラムニストさんに、「彼が“もう別れたいな”と思ってしまう女子のヤバイ言動」について取材をしたことがあります。
外見が残念になっていくとか、家庭的な女をアピールできない、喧嘩をふっかけられたら徹底的に喧嘩するなど、わりと蓋然性のある例示を10個ほどいただきました。

今回は、もう少し男性心理の深い部分を見つつ、彼が「もう別れたいな」と思ってしまう女子のヤバイ言動について見ていきたいと思います。

■男の子と女の子
結婚したら誰でも知ることになると思いますが、ちょっとばかり相手と性格が合わないからといってケンカをしていたのでは、身がいくつあっても足りません。だから結婚したら、男女ともに、多少は我慢強くなるものです。
我慢して我慢しても、男性が「別れたい」と思ってしまう女性の言動。それは「過干渉」ではないかと思います。
もちろん、じぶんの彼女や奥さんを「お母さん」のように思って、とにかく口うるさく干渉されることに快感を覚える男性だって世の中にはいます。たとえば北野武さんの映画には、そういう男性がときに描かれますが、ああいう男性だって世間にはいます。

しかし、多くの場合、男性は「男性特有の趣味」を持っています。フィギュアを集めるのが趣味とか、釣りが趣味とか、とにかく女性が興味を抱きづらいなにかを趣味にしている男性ってわりと多いものです。こういう現象は、男っていくつになっても「男の子」だと言えます。
幼い時、男の子だけで遊んでいた世界があり、女子は女の子だけで遊んでいた世界があります。オトナになって女子が女子会をやるように、そして女子会に参加することを彼氏に咎められたらいい気持ちがしないのとおなじように、男も「男だけの世界」を大事にしており、そのことをとやかく言われたら「こいつと別れたいな」と思います。

■男性はいくつになっても砂場のお山の大将です
冒頭にご紹介した「彼が“もう別れたいな”と思ってしまう女子のヤバイ言動」の例示は、わりと若年層向けにアレンジされたもので、若年層の恋愛に例示を求めたらわりとユニークでカラフルな例示がいくつも集まるのが常です。
歳を重ね、ひとが我慢強くなったとき、なにがきっかけで男は「別れたいな」と思うのか? じぶんだけの世界を乱されたときではないかと思います。女性がいくつになっても「女の子」であり「かわいいお姫様」であることを望むのとおなじように、男はいくつになっても心のどこかに「男の子」を持っているということです。
砂場のお山の大将があなたの彼だと思っておくと、さほどおおきな問題なく、つつがない毎日を送ることができると言えます。